間脳の働きを良くするのはローヤルゼリーだった!

「人間の体の老化は間脳からはじまる」

このことを証明したのは久嶋博士でした。

博士が突き止めたように、間脳は25歳から徐々に衰えを見せはじめ、60代ではすでに最終段階に近く老化してしまいます。

よく「25歳はお肌の曲がり角」という言い方をしますが、まさに、間脳の働きが衰えはじめる時期と一致しています。

ローヤルゼリーは、その成分や働きが解明されはじめるようになるずっと以前から、「ローヤルゼリーは不老長寿の霊薬だ」「ローヤルゼリーは若返り薬だ」「ローヤルゼリーは万病に効く」などといわれてきました。

精力増強剤としても注目を集めました。

ローヤルゼリーを口にした人が、その「効用」を実感したからにほかなりません。

そしてすでに、この「効用」は、薬理学的に立証されるまでになりました。


間脳と自律神経が極めて本能的な部分で、人間の体の生命のカギを握っている器官であり、その器官に極めて効果的に働くのがローヤルゼリーです。

人間の体は、年を追うごとに細胞の増殖力が弱まってきます。

傷口の治りが遅くなるのも、傷つけて死んでしまった細胞に代わる新しい細胞が作られる速度が遅くなってきているからです。

これが「老化」と呼べる現象です。


間脳からの司令で働く自律神経は、働くときにあらゆる栄養素を必要とします。

その栄養素を取り込んでエネルギーにしているのです。

ローヤルゼリーに含まれるビタミン、ミネラルはエネルギー生産の大きな力。

そしてそもそも、神経細胞や神経伝達物質はたんぱく質とアミノ酸から構成されているのですから、ローヤルゼリーが本能的な生命維持に大きくかかわっていることは、容易に想像がつきます。


ローヤルゼリーの解明は日々進んでいますが、なによりも忘れてはならないのが、飲んで効くという事実です。

間脳を若返らせることが、老化に歯止めをかけたり、さまざまな病気に立ち向かうことにつながっているという事実は、決して見逃してはなりません。

ローヤルゼリーには数々の製品があります。

たくさんあってどれを選んでいいのか迷ってしまいます。

健康食品として市販されているローヤルゼリーは、どれも同じではありませんから、それなりの選択眼は要求されます。

しかし、用法・用量で効き方に個人差があります。

飲んでみて、その実感を自分自身で確認することが一番でしょう。

オススメのローヤルゼリーは「伝承ローヤルゼリー」です。

「伝承ローヤルゼリー」は、デセン酸2.0%以上(生換算)あり、養蜂家の観点から生産から製造までこだわり抜いて製品化したローヤルゼリーです。

真空凍結乾燥法を用い、ローヤルゼリー本来の力を引出し、カプセル状で、子どもにも飲みやすように工夫されています。

もっと詳しく「伝承ローヤルゼリー」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

上質なローヤルゼリーで、間脳の働きを活性化させませんか。 >>

 


上質なローヤルゼリーで、間脳の働きを活性化させませんか。

 

伝承ローヤルゼリー
「上質なローヤルゼリーを!」という50年の想いから生まれた伝承ローヤルゼリー、生産地から輸送方法、製造方法まですべてにこだわった、ローヤルゼリーです。




公式サイトでは、初回限定!49%OFFのお試しセットを用意しています。
 詳しくはこちら>>


このページの先頭へ