免疫を上げる食べ物はローヤルゼリーだった

免疫力は、ひと言でいうなら、さまざまな病気から「我が身を守る」ために働くシステムのことです。

ただし、人間の体には、生体そのものを防御するシステムがあり、免疫力はそのなかの免疫系が働くと考え
るのが、正しいようです。

例えば、食事をして血糖量が増加すると、インスリンが分泌されて血糖量を調節するという機能が働きますが、これはホメオスタシス(生体の恒常性維持機能)と呼ばれるもので、体の正常な働きを維持しようとして働く生体防御システムです。

くしやみも異物を排除するように備わった防御システムのひとつ。

消化器官で胃酸が分泌されるのも、腸内に無数の細菌が住み着いているのも、病原菌から体を守るために、人間に備わった防御の方法です。

免疫系とは、例えば、傷を負ったとしましょう。

でも、出血はしばらくすると止まり、傷口もいつしか修復され、かさぶたとなってはがれていきます。

これは免疫系が「傷の修復に当たれ」と指令を出し、免疫細胞が出動したための結果。


細菌の侵入を、皮膚を修復するという作業で未然に防いでいるのです。これが免疫系の働きです。

かぜをひいて治っていくのも免疫系の働きによります。

はしかに一度かかると二度かかることがないのは、最初に異物が人ってきたときのことを覚えていて、二度目に人ってきたときにそれを異物と認識して排除しようとするからです。

正常に機能しているのであれば、免疫システムは体のすみずみにおよび、もらさず働いています。

つまり、体が正常に働くように、常時警戒態勢を敷いているのが生体防御システムで、その中の免疫系が、緊急事態に出動して問題を解決する役割を果たしている。そう考えると、わかりやすいかもしれません。

そして、このシステム全体を監視しているのが、間脳であり、自律神経なのです。

ローヤルゼリーが免疫系に効果を発揮すると考えられているのは、このシステムを正常化する間脳に、ローヤルゼリーが働きかけているからにほかなりません。

間脳という「司令塔」をローヤルゼリーによって強化することが重要で、ローヤルゼリーを食べることで、病気への対応のいちばん早道となるのです。

ローヤルゼリーを食べるといっても、たくさん種類があって、どれを選んでいいのか迷ってしまいます。

健康食品として市販されているローヤルゼリーは、どれも同じではありませんから、それなりの選択眼は要求されます。

しかし、用法・用量で効き方に個人差があります。

飲んでみて、その実感を自分自身で確認することが一番でしょう。

オススメのローヤルゼリーは「伝承ローヤルゼリー」です。

「伝承ローヤルゼリー」は、デセン酸2.0%以上(生換算)あり、養蜂家の観点から生産から製造までこだわり抜いて製品化したローヤルゼリーです。

真空凍結乾燥法を用い、ローヤルゼリー本来の力を引出し、カプセル状で、子どもにも飲みやすように工夫されています。

もっと詳しく「伝承ローヤルゼリー」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

免疫機能を高めるには、EXVオリーブオイルを摂取することが有効です。 >>

 


上質なローヤルゼリーで、免疫機能を高めよう!

 

「上質なローヤルゼリーを!」という50年の想いから生まれた伝承ローヤルゼリー、生産地から輸送方法、製造方法まですべてにこだわった、ローヤルゼリーです。




 
伝承ローヤルゼリー
公式サイトでは、初回限定!49%OFFのお試しセットを用意しています。
 詳しくはこちら>>





このページの先頭へ