弁護士オススメ!債務整理の相談費用は、こうしてつくれ!!

借金を放置しておいても、傷口はますます広がります。

500万もの借金があれば、低金利1本化しても返せる金額じゃありません。

最良の方法は、利息をまけてもらって、長期分割で返済させてもらう「任意整理」や、「特定調停」、あるいは法的に借金を8割ぐらい免除してもらう「個人再生手続き」、あるいは法的に全額免除してもらう「自己破産」と、常識的に考えたらこれらの方法しかありません。

しかし、あなたがひとりで考えて、これらのうちどれを選ぶべきか、判断できますか?できないでしょう? だとしたら一刻も早く、専門家に相談しなければ、取り返しのつかないことになります。

ただし、すぐれた専門家に相談しようと思ったら、なかなか無料というわけにはいきません。

ボランティアで無料相談をやっているところもありますが、いっさい無料で、懇切ていねいに、「的確なアドバイス」をしてくれるところは、残念ながらごくわずかです

しかし、この「的確なアドバイス」というのが重要になってきます。

したがって、本気で債務を整理しようと思うなら、ある程度の資金がいるのが普通です。

最低でも、弁護士委任するつもりなら着手金ぐらいは、本人訴訟や特定調停だったら裁判所印紙代と参考資料の書籍代と専門家への相談料ぐらいは欲しいところです。

<b “>
では、その資金をどうやって捻出するのか?

身内から借りて調達するのもかまいませんが、いちばんのおすすめは、「今まで毎月払っていた返済を、一時的に、いっさい支払うのをやめること」です。

クレジットカードやサラ金の場合、利払いを1~2か月止めても、せいぜい電話や文書での督促ぐらいしかないですから、それだけ我慢すれば何も問題ありません。

思い切って返済そのものを、暫定的に止めてしまうのです。

これだけで、月に何万円浮きます。

これがいちばんおすすめの方法です。

何も踏み倒すわけではなく、弁護士や裁判所を通じて、支払うべきものとそうでないものを白黒はっきりさせてから返済を再開しましょう、という趣旨ですから、何も恥じることはありません。

しかし、支払いを止めているあいだには、業者から督促の電話が来ます。

この督促電話がどうしてもいやな場合は、止める方法がちゃんとありますので安心してください。

まず、弁護士に相談してください。


今、ネットで法律のプロに相談できる無料サービスがあるのをご存知ですか?

オススメするのは、無料相談サービスの「日本法規情報」です。ご回答回数延べ1,000件以上、3,000人以上の専門家を案内できる、業界トップクラスのサービスです。

サービスの内容は、「日本法規情報」のサイトから、相談内容を送信すると、相談した内容を元に、3~5の専門家から電話やメールで相談内容の解決方法や費用などを教えてくれます。

疑問なことがあれば、メールや電話で問い合わせれば対応してくれます。

ここまでは無料で対応してくれます。

そして、紹介してもらった3~5の専門家の中から、依頼したい専門家を選んで、本格的な相談に入るという流れです。

もっと詳しく「日本法規情報」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

債務整理の相談費用でお悩みなら… >>

 


債務整理の相談費用でお悩みの方

 

日本法規情報の相談窓口案内サービス、3つの選ぶポイント!1.細かい要望にピッタリ!2.土日OK!女性先生等対応可能!3.相談のみOK



日本法規情報
公式サイトでは、簡単入力ホームからプロに相談できます。
 詳しくはこちら>>





このページの先頭へ