この食べ物で緑内障患者の視力が戻った!

日本人の緑内障患者の約7割が、眼圧は正常であるにもかかわらず緑内障を発症する「正常眼圧緑内障」であるといわれています。

この緑内障が発症する原因として、「酸化ストレス仮説」というものが提唱されています。酸化ストレスにより、視神経がグルコースを栄養として利用できなくなったために緑内障を発症するというものです。

ところが、ココナッツオイルを試しているうちに、緑内障によって低下した視力が改善したという報告が、患者の方々から多数でてきています。

アルツハイマー病における脳神経細胞の機能回復と、この酸化ストレス仮説から考えると「酸化ストレスによって、視神経の細胞がグルコース栄養を十分に利用できなくなり、視神経障害を発症していた。

しかしココナッツオイル=ケトン体の摂取により、脳神経細胞と同様、視神経の細胞がエネルギー不足を解消し、活動が活発になった」というメカニズムではないかと考えられています。


ココナッツオイルは、普通の食用油の代用として、あるいは味と香りを加える調味料として、さまざまな使い方ができます。

摂取目安は1日に大さじで2杯ほどですが、ときにお腹が下る方がいますので、そういう方は量を減らすなど、調節してください。

また独特の甘い香りがしますので、洋風、エスニック、中国料理などによく合います。しかし意外に和食でも、みそ汁や納豆、豆腐と合わせてもおいしいです。

この香りが奸みではないという方、量を減らす他、100%中鎖脂肪酸でできているMCTオイルに切り替えるなども一案です。

料理に混ぜるものでもっとも簡単なのは、カレーやシチュー、スープなどに少量人れることです。コーヒーやミルクティー、ココアなど飲み物に人れるのもいいでしょう。

また、食用油として、調理に使うときは、酸化しにくいので、炒め物、煮物といった加熱する料理にも使うのがいいでしょう。

食事全体のコントロールが健康の「かなめ」であり、ココナッツオイルを加えれば全てよし、というものではありません。


最高級品質のフィリピン産ココナッツオイル

 

速やかにエネルギーになり、身体にたまりにくい!健康的な食生活に欠かせない中鎖脂肪酸たっぷり!
飽和脂肪酸90%以上!エキストラバージンココナッツオイルは、最高級品質のフィリピン産をお選びください!



エキストラバージンココナッツオイル

公式サイトでは、断トツお得な!まとめ買いを用意しています。
 詳しくはこちら>>


このページの先頭へ