メラトニンが子供の睡眠不足を改善してくれる

睡眠不足は、眠くて困るというだけの問題ではありません。

肥満、メタボ、学習能力の低下、創造性の低下など、さまざまな害をもたらします。

しかし、こうしたことをあまリ知らない親御さんも多いものです。


「9時には寝なさい」とこどもに就寝時間をきびしく守らせる家庭がある一方で、こどもの寝る時間に無頓着であったり、家族団らんとばかりにいっしょに夜遅い時間帯のテレビを見て笑っている家庭もあります。

週末になると、夜遅い時間帯に、ファミリーレストランやレンタルビデオ店、コンビニにこども連れで出歩いている人も少なくありません。

理屈はどうであれ、睡眠不足はこどもの成長や心身の状態に大きな悪影響を及ぼすということを、親御さんがしっかり認識しないといけません。

では、すでに夜更かしや寝不足が習慣になってしまっているこどもに対して、早寝早起きのリズムを取り戻させるにはどうしたらよいのでしょうか。

こどもたちの多くは、積極的な理由から夜更かしをしているのではありません。


眠くならないから寝ないのです。

そんなこどもに「早く寝なさい」といくら言っても、そう簡単には眠れないでしょう。

そこで、どうしたら眠くなるのかを考えてみましょう。

それは、「メラトニン」の分泌を促すことです。

メラトニンとは脳の松果体から分泌されるホルモンで、眠気をさそう働きがあります。

メラトニンは寝ている間にたくさん分泌され、起きている間には分泌が抑えられていますが、横になっていさえすれば分泌されるわけではありません。

「暗い環境」であることが必要条件です。

したがって、お子さんに早寝をさせたいのであれば、21時頃になったら部屋の電気を少し落としたり、テレビの電源を落とすなど、いつまでも電気がこうこうとしている環境をあらためてあげればよいのです。

リビングの電気を暗くできないのであれば、こどもが寝る部屋やスペースだけでも暗くするなど、工夫をしてみてください。

携帯電話やパソコン、ゲームなどの電子機器も、夜遅い時間帯には使わせないほうがよいでしょう。


こうやって暗い環境を整えれば、メラトニンの分泌が促され、自然と眠くなってきます。

お気づきになられた方もおられるでしょう。

メラトニンの分泌を増やせば、自然と眠くなるのでは…?

そうです。メラトニンの成分を補給すれば眠気を誘うのです。

しかし、メラトニンは、日本で製造したり、売ったりすることは違法行為なのです。

そこで、メラトニンに生まれ変わらせる、セロトニン成分を補給すればいいのです。

セロトニン成分を補給することで、メラトニン成分と同様に眠気を誘うのです。

セロトニン成分を補給するには、サプリメントがオススメです。

セロトニン成分が配合されていて、しかも、こどもが飲めるサプリといえば「マインドガードDX」です。

「マインドガードDX」は、話題の休息ハーブモリンダシトリフォリアをベースにギャバとレスベラトロールを使用し休息サポートサプリメントです。

妊娠中の方でも飲めますし、小さなこどもでも、ゴクゴクおいしく飲めると公式サイトで説明しています。

お風呂上りに飲むと、より効果的に睡眠をサポートしてくれます。

なかなか寝つかないおこさまに、一度試してみては如何でしょうか?

もっと詳しく「マインドガードDX」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

 休眠サプリ!子どもが飲めるマインドガードDX >>

 


小さな子供でもゴクゴク飲める美味しさ

 

話題の休息ハーブモリンダシトリフォリアをベースにギャバとレスベラトロールを使用した安心して続けられる休息サポートサプリメントです。



 

マインドガードDX
公式サイトでは、お得な!お試しセットを特別価格にて販売しております。  詳しくはこちら>>


このページの先頭へ