<目次>

・プロポリスの殺菌作用が子供の肌アレルギーに有効

・プロポリスが子供の肌アレルギーに有効な仕組みとは?

プロポリスの殺菌作用が子供の肌アレルギーに有効

プロポリスの抗菌力の特徴としては、抗生物質が特定の菌に限定的に作用するのに対して、抗菌作用の及ぶ徹生物の種類が多く、皮膚状球菌にまで及んでいることです。

つまり、抗生物質の場合は、感染症を起こした菌に合ったものを使わないと効果がないのですが、プロポリスなら、病原菌が特定できなくても、効果が期待できるのです。

以上のような抗菌作用を担うプロポリスの成分としては、ベンジルパラクマレート、ガランギン、ピノセンブリン、ピノバンクシン、桂皮酸、P一クマル酸ベンジルエステル、カフェイン酸などが認められます。

聞き慣れない言葉がたくさん出てきましたが、主たる成分としては、フラボノイドやカフェイン酸誘導体です。

プロポリスに含まれているフラボノイドと、他のフェノール酸や有機酸との相乗効果によって、その抗菌作用は高められていると推定されています。

なお、ミツバチが、ユーカリの葉から集める精油は殺菌力も強く、狸紅熱、インフルエンザ、はしか、チフスなどの感染症にも威力を発揮します。

プロポリスには、この抗菌作用のほかにも、さまざまな薬理作用があり、その薬効はまことに多彩です。

それがプロポリスのすぐれた点です。

多少、話が専門的になって、わかりにくいところもあるかとは思いますが、プロポリスの効果が科学的にも裏づけられていることは、十分にわかっていただけるでしょう。

また、プロポリスは、さまざまな樹木から集めてきた樹脂を、ミツバチが唾液とともにかみ続け、ワックス状にしたものが、原料となっています。

アトピー性皮膚炎にも効果があり、アレルギー反応のように過剰に反応している場合、これらを抑制してくれる効果があります。

アトピー性皮膚炎に悩まれている人にとって、ステロイドはきってもきれないものですが、副作用も強く依存しやすいデメリットもあります。

そこでステロイドを使用しないで治療を行っている皮膚科もあるのです。

ただ人によってはアレルギー反応がでる場合があるので、蜂蜜や、ローヤルゼリーなどにアレルギーを持っているひとは、念のために気をつけるようにしましょう。

プロポリスは、アレルギー反応がない場合には、小児患者から年輩の方まで、誰もが使える心強い味方です。


ご存知ですか?純度100%のプロポリスパウダーを使用したサプリメントを!

アトピーや、敏感・デリケートなお肌に悩む、お子さんのために開発されたサプリメント「アトケアプロ」です。

「アトケアプロ」は2,000気圧という圧力でプロポリスを丸ごとパウダー化させることにより、混じり気ないプロポリスの“ありのまま”を凝縮させることを可能にしました。

もっと詳しく「アトケアプロ」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

 敏感・デリケートで悩んでいる子供のために開発されたサプリメント! >>

プロポリスが子供の肌アレルギーに有効な仕組みとは?

このやっかいなアレルギーが急症する原因は、いまのところ確定的な説はありませんが、つぎのような一連のアレルギー反応が起こると考えられています。

そして、プロポリスは、この反応を途中でストップさせることで、アレルギー症状が出るのを抑えると推測されるのです。

さて、そのアレルギー反応ですが、免疫の抗原抗体反応で、アレルギーと深くかかわっているのが、免疫グロブリンE(IgE)です。

抗体となる免疫グロプリンにはいくつか種類がありますが、そのなかでアレルギーを起こさせるのが、免疫グロブリンEなのです。

アレルギーの人は、この免疫グロプリンを必要以上に産出してしまうのです。

この免疫グロブリンEは、肥満細胞という細胞にくっついて、異物の侵入に備えて待機していますが、すこしでも異物が侵入してくると、それをひじょうに敏感にキャッチし、その情報を肥満細胞にも伝えます。

その情報を受けて肥満細胞は、ヒスタミンやセロトニンなどを放出し、体の各部に異物を排除せよという指令を出します。

このヒスタミンやセロトニンなどが、かゆみや湿疹、炎症のもととなる化学物質です。

要するに、本来は異物を排除するという体を守る仕組みが、免疫グロブリンEによって過剰に働いてしまうため、はげしいせきの発作やくしやみなど不快な症状を起こさせてしまうのです。

このアレルギー反応で、プロポリスは、肥満細胞からのヒスタミン放出を防いでいると考えられています。

すこし専門的な話になりますが、肥満細胞にくっついた抗体がアレルゲンと結合すると、環状アデノシンモノリン酸が合成され、これにより肥満細胞からヒスタミンやセロトニンが放出されます。

この環状アデノシンモノリン酸は、アデノシン3リン酸から合成されるのですが、プロポリスには、アデノシン3リン酸を分解する酵素の活性を抑える作用があります。

その作用によって、アデノシン3リン酸の分解を調整して、環状アデノシンモノリン酸が合成されるのを阻害し、ヒスタミンが放出されないようにしているというわけです。

免疫グロブリンEがアレルゲンに反応しても、肥満細胞からヒスタミンが放出されなければ、不快なアレルギー症状は起こりません。

このような仕組みで、プロポリスがアレルギー体質改善に役立つと考えられているのです。

また、プロポリスは、Tリンパ球の中のサプレッサーT細胞とヘルパーT細胞の調節や、マクロフアージなどの免疫細胞を調節する作用があり、免疫機能を正常にさせる働きがあるので、これもアレルギー体質の改善に役立っていると考えられるのです。

 


お肌の悩みは一年を通して尽きないものですね。

 

アトケアプロは、アトピーや、敏感・デリケートなお肌に悩むお子さんのために開発されたサプリメントです。純度100%のプロポリスを使用しているため、成分を細かく気にされる方でも、安心してご利用頂ける商品です。




 

アトケアプロ
公式サイトでは、お得な「かんぺきケアコース」を用意しております。
 詳しくはこちら>>


このページの先頭へ