<目次>

・思春期から成人期へとアトピー性皮膚炎の症状を継続するケース

・思春期のアトピー性皮膚炎の症状をどこまで緩和できるの?

・思春期のアレルギーはアトピー性皮膚炎なのか?

思春期から成人期へとアトピー性皮膚炎の症状を継続するケース

昔の先生は患者さんへ必ずこう言ったそうです。


「ニキビができるような年齢になったら、嘘のように良くなるよ。だからそれまでがんばりなさい」と。

ニキビのような脂の分泌が盛んになれば、乾燥を主としているアトピー性皮膚炎はよくなるというわけです。


しかし、最近になってとくに、幼少児期を経て思春期、成人期へとアトピー性皮膚炎の症状が継続するケースが増えてきました。約10%が引き続き症状を持続しているといわれています。

この頃になると湿疹は苔癬化がなおいっそう進み、頑固で難治になってきます。

特に顔面や首に固定化することが多く、ワインレッドのようなくすんだ色を呈してきます。

また、まゆ毛の外側半分がぬけてうすくなるのも特徴です。

このような皮膚になると、皮膚表面が損傷を受けているために、いろいろな細菌やウィルス、アレルゲンの侵入が容易になってきます。

そうなる前に、幼少児期から思春期にかけて、アトピー性皮膚炎を抑え込む治療が必要です。

今、プロポリス成分が注目を集めています。

プロポリス成分は、抗アレルギー作用で、アレルギー症状の改善や予防に効果があるといわれています。

プロポリスに含まれるケイ皮酸誘導体及びフラボノイドは、アレルギーの炎症関連物質であるcys-ロイコトリエンの放出を抑制し、アレルギー発症を抑制する作用が認められているのです。

 


プロポリス成分を摂取するにはどうすればいいのでしょうか?

よく、ローヤルゼリーもプロポリスもミツバチがつくりだした食べ物だから、同じと勘違いしている方がおられます。

しかし、ローヤルゼリーが女王バチの成長&長寿を後押しする栄養食であるのに対し、プロポリスは高い殺菌&抗菌力で大切な巣を病原菌などからブロックする防御機能に優れた成分なのです。

ですので長期的な健康維持や美容、老化の抑制など、積極的なヘルスケアを求めるならローヤルゼリーがいいでしょうが、アトピー性皮膚炎など、免疫力を高めたいといった予防に特化するならプロポリスが必要なのです。

プロポリスを摂取するには、やはりサプリメントがいいでしょう。

特に、アトピー性皮膚炎で、お悩みの思春期の方にオススメなサプリメントが「アトケアプロ」です。

「アトケアプロ」は、敏感・デリケートで悩んでいる子供のために開発されたプロポリス配合のサプリメントメです。

純度100%のプロポリスパウダーを使用しています。

「アトケアプロ」は2,000気圧という圧力でプロポリスを丸ごとパウダー化させることにより、混じり気ないプロポリスの“ありのまま”を凝縮させることを可能にしました。

もっと詳しく「アトケアプロ」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

 敏感・デリケートで悩んでいる子供のために開発されたサプリメント! >>

思春期のアトピー性皮膚炎の症状をどこまで緩和できるの?

「アトピー性皮膚炎は世界中の誰一人治すことはできない」といったら、皆さんはがっかりなさるでしょう。

私達が耳にしたり目にしたりするマスコミ、雑誌、本などは、競うようにこう述べています。

「○○○によってアトピー性皮膚炎が治った!」と。

でも、それって本当なのでしょうか?

アトピー性皮膚炎は、遺伝的な体質(アトピー素因)をもった人に起こる慢性の病気です。

ですから遺伝子を組み替えるようなことをしない限り、治ることはありえません。

いかにして日常生活に支障のない皮膚の状態に皮膚を保ち、よりよい皮膚をつくっていく努力を続けることです。

皮膚炎のひどい時には、限られていた治療も皮膚の状態が良くなってくればいろいろと広がっていきます。

皮膚の状態がよくなってくれば、もっともっとよくなるチャンスが増えてくるのです。

アトピー性皮膚炎は、その患者さんの皮膚が生まれつき弱く、いろいろな外界の刺激に対して反応して症状が起こります。

アトピー性皮膚炎という炎症は改善されても、そのアトピー体質の皮膚は残っていますから、いつもスキンケアを忘れてはいけません。

 


お肌の悩みは一年を通して尽きないものですね。

 


アトケアプロは、アトピーや、敏感・デリケートなお肌に悩むお子さんのために開発されたサプリメントです。純度100%のプロポリスを使用しているため、成分を細かく気にされる方でも、安心してご利用頂ける商品です。




 

アトケアプロ
公式サイトでは、お得な「かんぺきケアコース」を用意しております。
 詳しくはこちら>>

思春期のアレルギーはアトピー性皮膚炎なのか?

IgE抗体をつくりやすい人のことをアレルギー体質があるといいます。

これは遺伝的な要素が強く関係しています。

ある統計では、両親共にアレルギー性の病気をもっている場合、その子供が何かのアレルギーの病気をもつ可能性は60~70%といわれています。

けれどもアレルギー体質をもつ人すべてがアレルギー性の病気になるわけではありません。

アレルギー体質をもつ人に、あともう2つの条件がそろえばアトピー性皮膚炎になると考えて下さい。

その2つとは、

①皮膚という臓器が敏感であること
気管支喘息であれば肺、アレルギー性鼻炎であれば鼻という臓器に敏感性をもっていてはじめて病気として症状が出てきます。

ですから皮膚に敏感性をもっていなければ、アトピー性皮膚炎にはなりません。

②引き金になる誘因が存在すること
誘因も大切な要素で、環境といってもよいかもしれません。

それには、次のようなものがあげられます。

睡眠不足、風邪、ストレス、汗、お酒、ハウスダスト、食物などのアレルゲン、接触性の物質などなどです。

この②については努力次第で回避できますから、これらの引き金をひかないようにがんばることが大切です。



敏感・デリケートで悩んでいる子供のために

アトケアプロは、純度100%のプロポリスを使用しているため、成分を細かく気にされる方でも、安心してご利用頂ける商品です。 もっと詳しく知りたい方は…






このページの先頭へ