<目次>

・小学生の身長を伸ばす方法は、上手に栄養をとることです。

・小学生の身長を伸ばすために大切な栄養素は何ですか?

 

小学生の身長を伸ばす方法は、上手に栄養をとることです。

ここで、栄養を上手にとるコツやポイントを紹介しましょう。

知識も大切ですが、単に栄養を与えればいいわけでもありません。

子ともには、食べる楽しみも必要。

楽しんで食べたときと、ストレスを感じながら食べたときでは、栄養の吸収力が違うのです。

親が食事の準備に負担を感じてしまっては、子どもも楽しむことができません。

ポイントを押さえて、上手に手抜きをすればいいのです。

【栄養を上手にとるコツ】

①フリージングを活用して、負担を減らす
料理は一度に倍量をつくっても、さほど手間は変わらないものです。

そこで、つくりおきをしましよう。1四分ずつ小分けして冷凍保存すれば、便うときに便利です。

たとえば、サイコロステー牛やゆで豚、ハンバーグ、肉だんご、鶏の唐揚げ、魚の南蛮漬け、鮭そぼろなとがおすすめです。

②4回でもOK。おやつを食事感覚で
小食の子や幼児の場合、食事は1日4回と考えましよう。

園や学校から帰った午後3時から4時ごろは、一番お腹がすく時間帯。

消化もよく、おいしく食べられます。

おやつ感覚で、バナナや枝豆、チーズなとを与えてもいいでしよう。

③和食のメニューを増やす
洋食中心では、動物性脂肪をとリ過ぎる傾向にあります。

たとえば豆腐はタンパク質やカルシウム、ミネラルが豊富で、海藻類はヘルシーなミネラル源。

和食メニューを増やしましょう。

④朝と昼もしっかり食べる
夕食はきちんと食べても、朝や昼は手を抜いてしまう人も多いようです。

前の日に材料を多めに切る、翌日の分も多めに作っておくなと、手間を省いてしっかリ食べるエ夫も大切です。

⑤休日の食事で差がつく
休日はつい手を抜きがち。過に1~2日でも栄養が不足すると、いずれ影響が出てきます。

子ともに手伝わせて食事の準備をしましょう。

⑥外食も賢くメニューを選ぶ
外食するときは、高タンパク質・低カロリーのメニューを選ぶようにしましょう。

たとえばスパゲッティのカルボナーラを、魚介類のトマトソースに変えると、タンパク質は4.8gの
アップ、脂質は14.7gもダウンできるのです。

いろいろ栄養を上手にとるコツを紹介しましたが、やはり実際やってみると大変です。まずは、できそうな項目をどれか一つ決めて、とりかかってみてはどうでしょうか?


ご存知ですか!成長期の栄養素を、簡単にとりいれられるサプリメント「せのびとーる」を!!

「せのびとーる」は、お菓子感覚で食べられる、タブレットタイプの成長応援サプリメントです。

従来の成長応援サプリメンは、基本、粉末を水や牛乳等で溶かして作るドリンクタイプが多いのですが、「せのびと~る」は、いつでもどこでも気軽に食べれるタブレットタイプです。

味も全部で7種類と豊富で、どれもお子様に大人気の味となっています。

ふだん食べているお菓子の一品として、子どもに食べさせてみては如何でしょうか?

この「せのびとーる」を食べると、成長成分が豊富にとりいれられるので、偏った食生活の子どもや、小食の子ども達でも、身長が伸びが期待できます。

身長が伸びないと悩んでいる方に、ぜひ一度、試してみてはどうでしょうか!

もっと詳しく「せのびとーる」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

 お菓子がわりに食べられる、成長応援サプリメントは如何ですか? >>

小学生の身長を伸ばすために大切な栄養素は何ですか?

【さまざまな食品でミネラル補給】
タンパク質やカルシウムも大切ですが、背を仲ばすために必要な栄養素はそれだけではありません。

最近では、亜鉛やマグネシウムの重要性も注目されています。

これらは少しの量ですが、なくてはならないミネラル。

まずは、それぞれのミネラルをきちんととリ入れるように意識することが大切です。

【亜鉛不足は食欲不振の原因にも】
亜鉛は、体内の酵素の働きを助け、成長ホルモンの分泌を促す働きがあります。

ある国で、背が高い人と低い人での、体内の亜鉛の量を謂べました。その結果、背の高い人のほうが体内の亜鉛の量が多いことがわかりました。

また亜鉛不足は、食品の味に鈍くなる、味覚障害につながるともいわれています。これは、食欲不振の原因にもなってしまいます。

亜鉛の1日の所要量は、アメリカでは15mg。日本でも亜鉛の所要量が策定されていて、1~14歳では5~8mg、15~17歳では9~10mgと設定されています。

【骨に直接影響するマグネシウム】
もうひとつ、不足しがちなミネラルがマグネシウム。マグネシウムは、カルシウムの吸収と代謝を調節します。

大切なのは、カルシウムとのバランスです。

カルシウムとマグネシウムの理想バランスは、2対1です。

カルシウムだけを大量にとっていると、余分なカルシウムは体外に排出されます。

その際にマグネシウムも一緒に排出されてしまいます。

排出によって不足してしまったマグネシウムは、不足を補うために骨から血液中に溶け出しますが、そのときカルシウムも一緒に、骨から溶け出してしまいます。

つまり、カルシウムだけをとると、かえって骨のカルシウムが滅ってしまう、奇異な現象がおこっているのです。

マグネシウムは、木綿豆腐や納豆、大豆、枝豆、干しひじき、カツオ、ホウレンソウなとに豊富に含まれています。

これらを摂取することで、カルシウムの排出を防ぐことがてきます。

 


成長期に必要な成分が、お菓子感覚で補給できる!

 

成長に必要な栄養素、「アルギニン」・「BCAA」・「ボーンペップ」・「カルシウム」配合。味も7種類御座いますので、どんな方でもおいしく召し上がれます。



 

せのびとーる
公式サイトでは、お得な「トクトクコース」を用意しております。
 詳しくはこちら>>


このページの先頭へ