<目次>

・子供の肥満は身長の伸びが止まりやすい!?

・子供の肥満を解消して身長を伸ばす5つの方法

子供の肥満は身長の伸びが止まりやすい!?

肥満になると、背を伸ばすのに重要な成長ホルモンの分泌が悪くなってしまいます。

また、肥満によって、早く思春期を迎えやすくなり、それだけ身長の伸びも早く止まりやすいのです。

では、肥満を解消す方法を次の項で解説します。

子供の肥満を解消して身長を伸ばす5つの方法

肥満の解消には、毎日の食生活がとくに大切です。もし、肥満だったり、肥満の傾向がある場合は、次の5つのことをすぐに実行しましよう。

①体重のグラフをつける
毎日体重を計り、グラフにします。表はNG。グラフで視覚に訴えることが大切です。体重を意識させるために、1日2回以上測定してもいいでしよう。

②よくかんで食べること
ひと□につき20回以上はかんで食べましよう。

③食後の片づけを手伝わせる
食べた後に、ゴロゴロさせてはいけません。食器洗いなと、片づけの手伝いをさせましょう。

④ジュース、清涼飲料水の禁止
ジュース類には砂糖がたくさん入っています。果汁100%ならヘルシーと恩ったら、大間違い。果糖のとリ過ぎも危険です。牛乳は低脂肪を選び、1日500・までにしましょう。

⑤ジャンクフードの食べ過ぎに要注意
ジヤンクフードとは、スナック菓子、フアーストフード、インスタント食品のこと。ジヤンクにはゴミ、安物という意昧もあり、大切なお子さんには、極力食べさせたくないもの。力口リーが高く、カップめんはご飯の3杯分、ポテトチップスはご飯0.9杯分にも相当します。

主食以外の不要な食べ物はやめて、大リやすい食品は星小限にすることが大切です。

また、親の根気も必要です。食事面たけてなく、運動のため外で遊ばせるようにしたり、降服時間を十分にとるなと、生活全体のリズム在見直して、肥満にならないようにしたいものです。

それ以外にも、身長が伸びる事によって、肥満度を改善するこができます。

小学生の時は肥満気味だった子どもが、中学生になって身長が伸び、肥満体系が改善した同級生がいませんでしたか?

横ではなく、縦に伸びていくことで肥満を解消するのです。

そこで、オススメなのがアルギニンという成分。

アルギニンはアミノ酸の一種で、肥満の改善やメタボの予防に効果的だといわれています。

また、成長ホルモンの分泌にも大きく影響し効果を持つとされていて、この成長ホルモン分泌に深く関係している点から、身長を伸ばすという効果にもつながるとされています。

そこで、アルギニン配合の栄養補助ドリンク「ドクターセノビル」が注目されています。

多数の雑誌で掲載され話題になっています。

もっと詳しく「ドクターセノビル」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

>>子どもの成長を応援する話題のサプリメント

 


お子様の成長に大切な栄養素「アルギニン」がたっぷり!

Dr.Senobiruでは、一日2袋あたり5,000mg※ものアルギニンが配合されていて、身長を伸ばすための量を満たした配合になっています。





ドクターセノビル
公式サイトでは、毎月100名様限定お得なキャンペーンを用意しています。
 詳しくはこちら>>





このページの先頭へ