日本人の死因のトップはがんですが、2位の脳卒中と3位の心臓病は両方とも動脈硬化が基本となって起こる病気です。

動脈硬化の原因になる最大の危険因子は高血圧で、タバコ、コレステロール、糖尿病がそれにつづきます。

つまり、血圧を適度に管理すれば、動脈硬化を防ぎ、脳梗塞の約半分が予防できるわけです。

このサイトでは、脳梗塞の予防について解説していきます。


<目次>

・脳梗塞の予防には、この果物が一番です!

・脳梗塞の予防にオススメのジュースはコレ!

・脳梗塞の予防に、あの食べ物が有効とは!

・脳梗塞の予防に関連するYouTube動画紹介

脳梗塞の予防には、この果物が一番です!

脳梗塞の予防は、適切な体重を維持し、塩分とアルコールの飲みすぎを避け、運動不足を解消することが必要です。

しかし、生活習慣を改善するのは大変なことです。

最近、あの果物が脳梗塞の予防に有効だということが解ったのです。

ハーバード大学が、8~14年間にわたり、約12万人の食生活の記録を集め、病気との関係を調べた結果、脳梗塞の予防には、柑橘類が効果があるとの結果がでました。

その内容は、

①毎日1個のグレープフルーツまたはオレンジ2個を食べている群は、ほとんど食べない群にくらべ脳梗塞が28%少ない。

②柑橘類のジュースを毎日240ml飲んでいる群は飲んでいない群にくらべ脳梗塞になる人が35%少ない等が確認されました。

なせ、柑橘類が脳梗塞を防ぐのか、そのメカニズムは解明されていませんが、ビタミンなど単独のサプリメントより、いろいろな成分が含まれている食品の形でとることに意味があるのだと考えられます。

 


アロエ&グレープフルーツの実力を体験してみませんか?

 グレープフルーツの中でも特に甘味の濃い「レッドグレープフルーツ」果汁に、アロエのゲル質葉肉部を5ミリ大にカットしてそのままミックス。おいしくて、お腹にやさしい健康飲料です。




アロエ&グレープフルーツ
公式サイトでは、お得な!定期コースを用意しています。
 詳しくはこちら>>

脳梗塞の予防にオススメのジュースはコレ!

脳梗塞の予防に、グレープフルーツが有効であるとお話ししましたが、そのグレープフルーツにアロエをミックした「アロエ&グレープフルーツ」が脳梗塞の予防のジュースとしてオススメです。

アロエ&グレープフルーツは、「健胃」「医者いらず」とも言われる、世界の健康野菜アロエとグレープフルーツをブレンドした野菜ジュースです。

透明なゲル質層は、強粘性をもつ繊維分で、腸内で水分過多の時は水分を吸収し、逆の場合は水分を供給してお腹の調子を整えてくれます。

グレープフルーツの中でも特に甘味の濃い「レッドグレープフルーツ」果汁に、アロエのゲル質葉肉部を5ミリ大にカットしてそのままミックスしていますので、おいしくて、お腹にやさしい健康飲料です。

お求めしやすい6缶セット、5%OFFの30本セット、人気の10%OFFの定期コース(プレゼント付)など商品を用意しました。

>>アロエ&グレープフルーツの公式サイトはコチラ

脳梗塞の予防に、あの食べ物が有効とは!

脳梗塞を発症する主な原因の一つに、動脈硬化が挙げられます。

その動脈硬化を促進させる原因の一つが、『活性酸素』です。

活性酸素によって体が錆びることになるのです。

その発生を抑える抗酸化成分を含む食品は、積極的に取り入れたいものです。

抗酸化成分の代表格は俗に、『ビタミンエース』などと言われます。

すなわち、ビタミンA・C・Eの各栄養素ですね。

・ビタミンA…ほうれんそう・にんじん・かぼちゃ・レバー
・ビタミンC…みかんなどの柑橘類・キャベツ・小松菜・じゃがいも
・ビタミンE…ナッツ・玄米・ごま・山芋

毎日これだけの食材を揃えるのは大変です。

そこで、アロエの登場です。

アロエには、ビタミンA・C・Eの必須栄養素が含まれています。

ビタミンA・C・Eの各栄養素が含まれているアロエを食べれば『ビタミンエース』と言われる栄養素を摂取できるのです。

アロエをそのまま食べるのはちょっと、という方には、アロエの加工製品がオススメです。



アロエ&グレープフルーツの実力を体験してみませんか?
グレープフルーツの中でも特に甘味の濃い「レッドグレープフルーツ」果汁に、アロエのゲル質葉肉部を5ミリ大にカットしてそのままミックス。おいしくて、お腹にやさしい健康飲料です。 もっと詳しく知りたい方は…


脳梗塞の予防に関連するYouTube動画紹介

[行徳総合病院]脳梗塞の予防 – 渡邉医師

脳梗塞の予防

脳梗塞の予防薬について





このページの先頭へ