抗ガン作用のある食べ物はローヤルゼリーだった

人間はだれでも、20歳を過ぎればガン細胞の芽ができるのだそうです。その芽を増殖から守るのが、免疫力です。

免疫力、つまり体にとっての異物と戦う能力が旺盛であれば、芽が育つ前に摘み取ることは限りなく可能です。

しかし、人間を取り巻く環境は、それをなかなか許してはくれないようです。

かつてガンにかかることは、不運以外の何ものでもないと思われていましたが、ガンはいまや、身近な病になってしまった感があります。

特に大腸ガン、肺ガン、乳ガンはその増加が著しいようです。

高脂肪の食事を摂り続けたり、喫煙したり、女性のライフスタイルが変わって高齢出産が増えたこと、出産率が減少したことなどが、乳ガンの増加率を上げているのではないかともいわれています。

しかし、この他にもガンを誘発する因子は、私たちの周囲に続々と誕生しています。

環境ホルモンのひとつであるダイオキシンや、アスファルトの粉塵や大気中に浮遊する汚染物質、食品添加物や農薬など、医薬品にもガンを誘発する因子があるのです。

もちろんストレスもその誘因の1つ。体に受けるストレス、心に受けるストレスもガンと無縁ではありません。

ガンはたった1個のガン細胞からはじまりますが、ガン細胞がそれと確認されるのは、ガン細胞が集合して1億個になった段階。大きさにするとーセンチ大になってからです。

このときに発見されれば「早期発見」となりますが、実はこの段階までに長い年月が経過しているのです。20年30年ということもあるでしょう。

ガンが発見され、もはや手遅れといわれることがあるとすれば、増殖が加速度的に速くなってしまう「早期」以降の段階に至ってからです。


ここに、ローヤルゼリーの抗腫瘍効果について、日本大学薬理学教室で行われた実験があります。ご紹介しましょう。

ラットによる実験です。

実験に用いる腫瘍の種類は2つ。

腹水腫瘍と固形腫瘍です。

腹水腫瘍とはお腹の中に直接ガン細胞を注射するもので、ガンの進行が急激なため、進行の程度が早く観察できます。

固形腫瘍はガン細胞をラットの皮下に植えつけるもので、ガン化は急激には進まず、体力の消耗も少なく、長期間ガンに対するローヤルゼリーの効果が観察できるのが特徴です。

どちらもローヤルゼリーは経口投与。つまり口から人れて食べる方法で、実際にローヤルゼリーを飲んだときに近い方法で行われました。

どちらも予防と治療という側面から実験しています。

結果をまとめると、次のようになります。

・お腹の中にガン細胞を移植した腹水腫瘍の治療効果では、ガンの種類によって少し違いはありますが、約20%の延命率が認められました。
・皮下にガン細胞を移植する固形腫瘍の予防~治療効果では、約50%の抑制率が認められました。

ガンの細胞が徐々に成長していくタイプのガンには、明らかに効果を示し、ガンが発見されてからよりも、予防としての効果がより高いことが証明されたのです。

この実験の意味するところはつまり、ガン細胞そのものにもローヤルゼリーは有効であるということです。

ローヤルゼリーをには、抗ガン作用のあることがわかりましたし、ローヤルゼリーを食べることにより、ガン細胞に有効だということも分かりました。

ローヤルゼリーの抗酸化作用

ガンそのものは極めて立体的に作りだされた病です。

直接的な因子はあるにしても、それだけでガン細胞がどんどん成長していくわけではありません。

体の中にはガン細胞を作り出すもの、作り出すように応援してしまうものもあります。

逆に、ガン細胞を撲滅しようと働く作用も、人間の体は持っています。

「攻撃」と「抵抗」。人間の体の中では常に、ガンにかぎらず、こうした戦いが繰り広げられているのです。

「攻撃」する作用で注目を集めているのが、活性酸素です。活性酸素とは「体を錆びつかせてしまう物質」というのが、その姿です。フリーラジカルとも呼ばれ、より活性の激しい物質です。ふつうに酸素を吸い込んでも、そのうちの2~4%はこの活性酸素に

変わってしまうといわれています。

しかしこの活性酸素は、本来人間にとって有用に働く物質でもあります。

体の中に細菌やウイルスが侵入してくると、白血球が活性酸素を作り出してやっつけてしまうのです。

つまり、一種の免疫機能を、活性酸素は持っているということになります。

この活性酸素が、なぜ悪い物質となってしまうのでしょうか。

それは日常生活の中の、ガン細胞を作りだす原因、誘因とほぼ同じと考えていいものです。

乱れた食生活、生活リズムの不規則、タバコの吸いすぎ、ストレス……。現代人が生み出した、目然と
はかけ離れたものが、活性酸素を作り出す元になっているのです。

人間の体はそうしたことも予測していたのでしょうか。

活性酸素が有用に働くことのできる限度量も設定していたようです。

この限度量を超えたときのために、抗酸化物質を用意しています。

スーパーオキシドジムスターゼ(SOD)という酵素がそれです。

活性酸素が限度量を超えて暴走をはじめると、体のあちこちに配置されていたSODがやってきて、無害化するように働きます。

それでも止まらないほど活性酸素が荒れ狂ってしまうと、ガンをはじめ、動脈硬化などの生活習慣病となって、暴走のツメ跡を残してしまうのです。

人間の体が老化してしまうのも、この活性酸素が引きがねになっているといわれています。

免疫力を高めれば、体を錆びつかせてしまうことによって起こるさまざまな病気にも対抗できます。

間脳や自律神経が活発に働くようになれば、生体防御システムがパワーを持って正常に働き、体のあちこちで、さまざまに起こっている病気の「元」を断ち切ってくれるはずです。

ローヤルゼリーはここでも、間接的に効果を発揮するのです。

食生活の中で、ローヤルゼリーと一緒にとって効果があるのはビタミンA、C、Eとベータ・カロチンです。これらのビタミンは、もともと抗酸化効果のあるものだといわれていて、活性酸素の害にさらされないために、積極的にとることが望まれますが、ここにローヤルゼリーを加えることで、さらに効果が増します。

それは間脳に隣接する下垂体が、人間の体の中でもっともビタミンEを多く含んでいる部分だからです。

間脳をローヤルゼリーで強化しながらヽビタぞンEというパートナーを得て、さらに強い抗酸化効果を発揮することができれば、活性酸素によって引き起こされた病に打ち勝つことができます。





このページの先頭へ