遺伝の影響は90%。しかし、遺伝だけではありません。

90ハーセントは遺伝と言われているとおり、たしかに両親の身長と子どもの最終身長は関係があります。

両親ともに身長が低い、という場合に、子どもが将来どれだけ背が仲びるかを予測した場合、確率的に言うと、平均身長を超える可能性はあまりない、ということになります。

両親の身長を使って、子どもの最終的な身長を予測する計算式があります。

かなり昔から日本体育協会が出しているものです。この計算式で求められる数字は目標身長と言われています。

男の子の場合は、(父の身長+母の身長+13.0)÷2+2.0。

女子の場合は、(父の身長+母の身長-13.0)÷2+2.0となります。

しかし、これはあくまで予測される最終身長の平均値です。

この数センチ前後の幅の中におさまっているのが普通ですが、それより低くなることがあれば、高くなるこ
ともある。

必ずしも、この例にあてはまるわけではありません。

両親ともに背が低い場合は、子どもが平均より伸びる可能性は少なくなるものの、両親が小さくてもある程度、高くなる場合もあります。

お父さんが高くてお母さんが低い、もしくは、お父さんは低いけれどお母さんは高い、などという場合はもちろん子どもの背が高くなる可能性はより大きいでしょう。

まだ、たとえば遺伝の影響を考えて、背が高くなりそうにないから、と好きなスポーツを断念したりする必要はありません。

親の身長で出した目標身長ぱ、将来のことを考えるときに過度な期待をしない、冷静な判断するための材料、としておく一方で、目標身長で子どもの可能性をふさがないようにしてほしいと思います。

遺伝のみでは決まらないので、成長期には十分に睡眠、栄養をとって、体が伸びる能力を最大限に引き出しましょう。

また、身長を最大限に伸ばすために、サプリメントの活用も有効です。

成長期をサポートする成分が濃縮されているので、食事ではえられない、また不足している栄養素をとりいれることができます

ご存知ですか?今売れている、成長期栄養補助食品「フィジカルB」。

「フィジカルB」は、成長に必要な成分がギッシリ詰まっていて、しかも、栄養が無駄なく吸収されやすい工夫をとりいれています。

なんと、自信があるからできる「30日間全額返金保証」キャンペーンを実施しております。

もっと詳しく「フィジカルB」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

 早くから飲ませておいたらよかった…。そう後悔する前にお試しください。 >>

フィジカルBを飲んだ子供のお母さんの喜びの声

フィジカルB公式サイトより

(山口県 A.T様)
・フィジカルBを飲みだして6ヶ月くらいしてから試合に出れることができました。

息子はサッカー部で一生懸命練習しておりましたがなかなか試合には出れず、、心配して見ておりましたがどうしても他の子との体力差に開きがありました。
そんな時にフィジカルBを飲みだして6ヶ月くらいしてから試合に出れることができました。
息子も大変喜んでおりフィジカルBにはとても感謝しています。

(福岡県 C.T様)
・子供も喜んで食べています。これからの成長がますます楽しみです。

成長の為にカルシウムを摂らせようと、毎日牛乳を飲ませていました。それだけでは不安たっだので何かないかと探していたところフィジカルBに出会いました。電話で伺ったところ、ヨーグルトに混ぜても美味しい聞き、購入を致しました。

(東京都 M.M様)
・4ヶ月使用していますが最近では他の子との差が気にならなくなりました。

食生活には気を使っており牛乳を沢山飲ませたり伸びるといわれているものは全部試してきました。しかしなかなか他の子との成長差が縮まらずに悩んでおり栄養補助食品であるフィジカルBを試してみることにしました。4ヶ月使用していますが最近では他の子との差が気にならなくなりました。やはり気を付けていても食事からの栄養だけでは駄目なんですね。

(埼玉県 Y.A様)
・おかげ様で元気に育ってくれているので これからも飲み続けさせたいです。

今まで色んな成長ドリンクを飲ませましたが なかなか子供が飲みたがらなかったのですが、こちらの商品に変えてからはやっと毎日飲んでくれるようになりました。

(東京都 E.O様)
・美味しいといって飲んでくれるので、ジュース代わりにもなって助かっています。

子供の成長期にはスピルリナが良いと聞いていたのでスピルリナが含まれている商品をさがしていたところ、
良さそうだったので飲ましております。成長の実感はまだ始めたばかりなので分かりませんが、美味しいといって飲んでくれるので、ジュース代わりにもなって助かっています。今ではフィジカルBが届くのが楽しみになっております。

(福岡県 Y.B様)
・フィジカルBを飲み始めてからは体育で活躍できるようになったらしく、外で遊びたがるようになりました。

私は息子とキャッチボールをするのを夢見ていましたが 息子は外で遊ぶのが苦手で家でゲームばかりしていましたがフィジカルBを飲み始めてからは体育で活躍できるようになったらしく、外で遊びたがるようになりました。驚きました。今では息子のほうから「お父さんキャッチボールしよう」 と言ってくれ、将来は野球選手にでもなってくれれば…と夢ばかり膨らんでいます!

 


「伸び活」しませんか?

成長期に必要なのは、栄養、運動、睡眠のバランスが大切です。食の多様化している状況での栄養バランスは食事だけでは不十分なのでフィジカルBを飲んで補って頂き、お子様の大切な成長期をサポートしたい思いで開発して商品です。



フィジカルB
公式サイトでは、1番お得な「毎月自動お届けコース」を用意しています。詳しくはこちら>>

フィジカルB!よくある質問Q&A

Q.どこで製造されていますか?

A.安全と品質のため、信頼できる国内大手の工場で製造しております。

Q.何歳から飲ませていいのですか?

A.7才(小学1年生)以上からをお勧めしております。
栄養補助食品のため、小さなお子様でも大丈夫ですが身体が小さ過ぎますと栄養の過剰摂取になる場合がありますので1日1包以下でお召し上がり下さい。

Q.副作用やアレルギ-などは大丈夫?

A.アレルギ-表示の対象品目(27種類)は使用しておりません。
また薬ではないため副作用もございません。安心してお召し上がり下さい。
体質などによりご不安のある方は、医師または薬剤師にご相談ください。

Q.どれくらいの期間飲めば実感がありますか?

A成長期にはサイクルやタイミングがあるため飲んですぐ実感いただけるものではありません。
ただ、成長にあわせて数ヶ月で見違えるほど実感されることも多いため、少なくとも3~6ヶ月はご継続されることをお勧めします。




伸びない遺伝子だからと、あきらめいていませんか?
スピルリナを初めカルシウム、マグネシウム、難消化デキストリンなど成長期に必要な栄養素のバランスを考えた栄養補助ドリンクです。お子様の成長に不安を抱えてある方にお勧めしております。 もっと詳しく知りたい方は…


背が伸びるために必要な要素は何ですか?

背を仲ばすために必要なのは、睡眠と栄養です。一般的に言われていることですが、その二つにつきるでしょう。とくに大切なのは睡眠です。

しっかりと睡眠をとれば、熟睡中に多量に「成長ホルモン」が分泌されます。これは成長期に骨を伸ばすための大切なホルモン。軟骨に働きかけて骨にして成長させ、背を伸ばします。

この成長ホルモンは夜間の熟睡中、一定の決まった時間になるとたくさん分泌されます。いつ寝るか、どれだけ寝るかで分泌量が大きく変わってくるのです。

なぜ、成長ホルモンは、深夜にたくさんの量が分泌されるのでしょうか?

皆さんの中には、日中より夜間に体の痛みを感じたり、具合の悪いところに敏感になったりする現象を経験したことがあると思います。

つまり人体では、夜間の、成長ホルモンが分泌されている間に、さかんに細胞分裂が起こっているのです。

そして、熟陸中に骨を伸ばしたり、傷の修復を行っています。

なぜ、夜間なのか。それにはこんな説があります。

細胞分裂では、細胎内の遺伝子がコピーされて増えていきます。

遺伝子のコピー時にはどうしても遺伝子に傷がつきやすいという問題があります。

そのため、細胞分裂はできるだけ守られた状態で作業を行いたい。日中は、紫外線や宇宙線などの影響があります。

紫外線などの光は、人にとって必要である反面、遺伝子を傷つける可能性もあるもの。だから、細胞分裂は
それらを完全にシャットアウトできる深夜を選んで行われている。

一説ですが、かなり説得力のある話だと思います。

●夜には細胞分裂のスイッチをオンにする準備を
成長ホルモンが夜間に分泌されることでわかるように、人体のーつひとつの細胞は、いつ夜で、いつ朝かということをしっかり意識し、時を刻んでいるのです。

夜になれば陽が沈んでいることを認識し、深夜にぐっすりと熟睡する。

朝日を浴びれば目覚めます。

このリズムは、口内リズム(サーカディアンリズム)ともいわれています。

こうした人体生理にそった生活をすることは、健康な生活を送る上で、大きな意味があります。

生活が不規則になり、口内リズムが乱れてしまうと、体が狂います。

不健康になり、成長も停滞してしまいます。

身長を仲ばしたいのであれば、まずは、夜は早く寝て深夜には熟睡し、細胞分裂をするスイッチをオンにしてあげる準備をしないといけません。

遅くまでゲームをしたり、遅くに食事をしているようだと、細胞分裂のスイッチは入りません。


●栄養を活動状態にすることが一番大事
次に重要なのは、しっかり食事(栄養)をとることです。成長期にダイエットをしない。

スポーツをしている場合は、練習のしすぎで栄養面で不足しないように気をつけます。

また、原料だけあっても、原料は使われないと意味がありません。

石炭だけたくさんあっても、石炭を炉にくべる人がいなければ機関車は動かないのと同じです。

では栄養は何によって使われるかというと、それが、成長ホルモンなのです。

成長ホルモンが、細胞に指令を出し、それぞれの細胞が原料を使うわけです。

つまり、栄養を活動状態にするには、体の細胞が元気に働いていないといけません。

そのためにも、規則正しい生活習慣というものがやはり一番大事になってくるのです。

朝しっかり食事をとると、「朝が来た」と細胞の時計が正確に働きます。

食事時間をきちんと作ることで口内リズムが作られていきます。

これらの規則正しい生活活動が、成長ホルモンの分泌を促しているのです。





このページの先頭へ