マンションの相場を調べるのは、あくまでこれを知るためです

皆さんはご自分のマンションが、いったいいくらいで売れるのか、どのくらい資産価値かおるかをご存じでしょうか?

いざ売るうとするまで、まったく気にしないという人もいれば、「近い将来、往み替えをしたい。今の家はいくらで売れるの?」「持っている不動産の資産価値を把握しておきたいから」という理由で、不動産会社に査定を頼む人もいます。

通常、査定は無料で行われていますから、気軽に相談することができます。

大手中小含め、無料ですから、何社に査定してもらってもかまいませんが、後で電話やメールなどによって「売りませんか?」「訪問させてくれませんか?」と営業がたくさんくる場合もあるので、注意しておきましょう。


一番注意していただきたいことは、「査定価格=売れる価格」ではないということです。

査定価格はあくまで「売却できるであろう目安の価格」なのです。

査定価格よりも高く売却できる可能性も、査定価格よりも低くなる可能性もあるのです。

査定価格が高いから高く売れるということではありません。

なぜなら、不動産で取り引きされる価格は、買い手があって初めて決まるからです。

買い手の事情もそれぞれですから、成約する前に価格を予測することは不可能なのです。

売り手に売却事情やタイミングかおるのと同様、買い手にも事情やタイミングがあります。

売却している期間に、興味を示している買い手がどのくらいいるかは、そのときどきで異なるのです。

ですから、査定を依頼した複数の不動産会社から出てきた複数の査定価格に一喜一憂するのではなく、あくまでも売却する際の参考価格、現時点での参考資産価値として考えてください。

査定価格より、むしろ不動産査定の根拠と不動産会社各社の行う販売手法や担当者の考え方に着目しましょう。


マンション売却成功の第一歩は、次の2つなのです。

①机上査定でおおよその価格感を認識する
②正しいプロセスに則った売却活動をしてくれる会社を探す

まずは、「机上査定」からはじめましょう。

前項でも書きましたが、、「机上査定」した後で、電話やメールなどで「売りませんか?」「訪問させてくれませんか?」と営業マンに、まとわりつかれるのが嫌だという方が大半でしょう。

そういった弊害をなくしてくれるのが、ネットでできる不動産価格査定です。

ネットでできる不動産価格査定は、住所と簡単な物件内容を記入するだけで、数日後にメールで「机上査定価格」をメールで知らせてくれます。

こちらが興味をもてば、連絡するというシステムですから、営業マンに、まとわりつかれる心配もなく、安心して「机上査定」の依頼ができます。

ネットで「机上査定」をご希望なら「マンションナビ」がオススメです。

マンションに特化した「机上査定」ですから、マンションの物件の「机上査定価格」を知りたい方に特にオススメです。

もっと詳しく「マンションナビ」について知りたいなら、こちらのサイトを参考にしてください。

何となく物件価格が知りたいだけなら「机上査定」してみませんか? >>

査定価格は、こうして出される

査定価格を出す方法には、原価法・収益還元法・取引事例比較法の3つがあります。

多くの人に馴染みがあるのは、収益を生み出さない居住用の物件を売るときに依頼する査定です。

この場合、近隣のマンションなどの取引相場や売出事例から算出された価格と比較して値段をだすという、取引事例比較法を利用します。

取引事例比較法は、中古不動産でもっともポピュラーな査定方法です。

取引事例比較法で査定を行う場合、机上査定と訪問査定と2種類あります。

机上査定は、不動産会社が実際に部屋を見ずに、だいたいの査定価格を出す方法です。

具体的に売却を検討しているのではなく、おおよその価格を知りたいだけであれば、この方法で十分です。

一般的には、査定書のような形で査定価格とその根拠を教えてくれます。

訪問査定は、実際に不動産会社の担当者があなたの部屋を訪問し、室内の状況、眺望、目当たりなどを確認したうえで査定価格を算出するため、机上査定よりも細かい査定が可能です。

部屋の状態も判断材料の1つですから、より正確な価格と、詳しい販売方法を知りたい売主さんは、こちらを選びます。

通常は、机上査定の後に訪問査定を頼んで、より正確な査定価格を出してもらうというケースが多いです。

しかし、訪問査定は「電話などしつこい営業をしてくるイメージが強い」「不動産会社が来ていること=売ろうとしていることが、他の部屋の人に知られそうでイヤなどと考え、敬遠する人もいるようです。

しかし、不動産価格は、部屋の向へ状態、眺望によって価格が上下すること多々あります。

特に眺望や状態は不動産会社の担当も内見をしないとわからかいことがあるため、訪問査定との価格差があることもしばしばです。

その場合は、その根拠をきちんと教えてもらいましょう。

特に中古の物件では、室内やバルコニーからの「眺望」で価格が大きく左右されます。

部屋から見える景色や夜景が素晴らしい物件であれば、他の物件との差別化ができ、プラス材料となります。

また、室内が汚れている状態だと査定価格が下がります。

次の購入者が入居特にリフオームが必要かどうか、必要ならその金額によって価格が下がってくる可能性かあるからです。

1年以内に売却を予定している人は、正確に価格を把握しておくためにも訪問査定を依頼することをおすすめし

しかし、何となく価格が知りたいだけなら「机上査定」で十分です。

 


知っておいて損はない!マンションの相場

 マンションナビは、マンション所有者が売却したいと思った際に、一括で複数の不動産会社に査定依頼ができるサービスです。年間利用者360万人。月間査定依頼数1500件超の大手査定サイトです。



マンションナビ
公式サイトから、売ったらいくら!簡単入力の一括査定を用意しています。詳しくはこちら>>





このページの先頭へ