西城秀樹さんが、5月16日午後11時53分にお亡くなりのなりました。

ご冥福をお祈りいたします。

今回発表された死亡の原因は、心不全と報道されています。

西城秀樹さんと言えば、脳梗塞の病で長く闘病生活をおくられていたのですが、今回の死亡の原因が脳梗塞ではなく、心不全ということで、アレって思いました。

そこで、本当に心不全だったのかについて調べてみました。

<目次>
・西城秀樹さんの死亡原因は心不全なのか?
・西城秀樹さん入院されていた病院とは
・西城秀樹さんの心不全の発症の原因




西城秀樹さんの死亡原因は心不全なのか?

西城秀樹さんの死亡原因は心不全なのか?の疑問についてですが、いろんな掲示板やブログなどを見ましたが、すべて心不全と書かれていました。

ということは、本当に死亡原因は心不全だったのかと思われます。

脳梗塞も心不全も血液の病ですから、何らかの因果関係があったかもしれません。

また、西城秀樹さんは、入院されていてそうですが、その病院では、何らかの対応ができなかったのでしょか?
では、西城秀樹さんは、何処の病院に入院されていたのでしょか。

西城秀樹さん入院されていた病院とは

どこの病院かは、発表されていないので、推測で調べてみました。

まず、報道では、横浜市内の病院で亡くなったと報道がありました。

また、西城秀樹さんは、脳梗塞を患っていることから、脳梗塞の専門外来がある病院かと推測されます。

そこで、該当したのが、「横浜市立脳卒中・神経脊椎センター」です。

この病院は、推測ですから、ここで西城さんが亡くなった確信はありません。

この病院の対象疾患は、脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血等の脳血管疾患、ならびに神経疾患の方です。

ですから、西城秀樹さんが、この病院で入院されてた可能性は高いです。

西城秀樹さんの心不全の発症の原因

心不全とは、心臓のポンプ機能が低下し、全身の臓器が必要とする血液量に対して十分な量を送ることができなくなった状態です。

心不全という名称ながら、その影響は心臓にとどまらず、全身にあらゆる症状があらわれます。

では、西城秀樹さんは、どんな発症をされてのでしょうか?

心不全の症状にはいくつかの種類がありますが、ほとんどが血液の滞留(うっ血)による症状です。

うっ血は、山崩れによって天然のダム湖ができる現象に似ています。

地震などで山崩れが起こると、土砂が河川をせき止めることで天然のダム湖が発生します。

これと同じように、心不全が起こると血液の上流にある組織(肺、右心房、動脈、肝臓など)に血液がたまり、各臓器にさまざまな症状があらわれます。

では、心不全発症の原因となる疾患といえば、

・虚血性心臓病(心筋梗塞、心筋症)
・弁膜症
・高血圧症
・不整脈(頻拍、徐脈)
・糖尿病
・バセドウ病
・膠原病
・リウマチ

西城さんの場合は、脳梗塞を患っていましたので、高血圧症の原因が大きいのかと思います。





このページの先頭へ